【迷子猫】飼い始め2週間の元野良猫が脱走【ペット探偵】

こんにちはペット探偵ペットヘルプのイブキです。

創業23年、総依頼数500件超⤴︎

今回は迷子猫の捜索、【しゃけ】について執筆していきます。

本記事を読むことで

迷子猫の捜索をどのようにしていって、無事保護出来たかがわかります。 ペット探偵ペットヘルプのリアルをより深く、わかりやすく写真や動画付きで解説していきます。

どんな人に向けてか

迷子ペットや迷子猫を探している飼い主さん、ペット探偵ペットヘルプについて詳しく知りたい方向けです。

順番に解説していきます。

しゃけちゃん
目次

結論

2021年2月23日に自宅のリビング窓から脱走し3月2日の朝に捕獲機にて無事保護へ。

(しゃけ)迷子猫の期間は7日間。

保護してお家に帰れたしゃけちゃん↓

大好きなかつお節のにおいを嗅ぐしゃけちゃん

迷子猫になった理由

飼い主さんが洗濯物を干しに行こうと窓を開けた際に、一瞬の隙を見て脱走してしまいました。

実際の現場↓

この隙間から脱走してしまいました。

飼い主さんによると?

しゃけちゃんは、まだ飼い主さん宅に来て二週間でした。

家では、ほとんどこたつの中にいました。

脱走してしまい飼い主さんは・・・

飼い主さん

すぐに捕まえようと追いかけてしまい、捕まえられず見失ってしまった…

猫の場合は絶対に追いかけてはいけません。

しゃけちゃんが飼われたきっかけとは?

しゃけちゃんは元々野良猫で、飼い主さんの会社で保護された猫です。

まだ二週間という短い期間というのもありますが、ピンポンや誰かが帰ってきたときでも、必ずこたつに潜るような警戒心強かったようです。

この話を聞いて・・・

イブキ

元々野良猫という事もあり、しゃけちゃんはまだ来て二週間。誰かが来た時の動きなどを色々含めると、まだ家にしっかりとは慣れずにいたのだと思います。

イブキ

こたつから飼い主さんの行動をよく観察していたのだと思います。いつもいた環境に戻るために、隙を見て脱走したのだと思いました。

猫は記憶力が凄く良いです

『みなさんはこんな体験したことありませんか?飼い猫がかってに窓を開ける。ドアを開けるなど。』

なぜ開けられるようになったのかというと、人間の行動を良く観察しているからです。

猫は開け方を【真似】して開けるというのを覚えます。

飼い主さんがドアや窓を開けるときに猫をチラッと見てみてください。

外に興味を持っている子なら、こちらを見ていると思います。

周囲の環境とは

埋立地で平らな住宅街でした。

少し歩くと畑と山が広がる自然豊かな環境でした。

どのように捜索していったか

初めに時間をかけて細かくヒアリングをして行きます。

なぜなら・・・

迷子ペットの状況を詳しく把握する事で、今までの経験から最適な方法で捜すことができるため。

闇雲に捜すのではなく、より詳しく把握する事で効率よく捜索が出来るので発見率も全然変わってきます。

ペットヘルプがいつもやっているヒアリングとは?

例えば

迷子になってしまった原因についてなど

(これはヒアリングの一部)です。

迷子になってしまった原因によって近くにいるのか遠くなのか、その子の目的は何なのか、原因によって捜索の仕方が変わってきます。

まずは、脱走した場所の確認

初めの出た場所の一歩から猫目線で見ていくと、どっちに行くなど予測もたてることが出来ます。

おしっこの砂を家の周りに設置とさらに、飼い主さんが最後に目撃した場所にもやります。

【導くように】【テリトリーを作ってあげる】

猫は鼻がとても良く自分のにおいがする所は安心するため、お家がわかるようになります。

参考にどうぞ↓

ヒアリングを元に家の周りを徹底的に捜して状況把握し、聞き込みにより置きエサをしている場所を教えてもらったり、協力してもらい、動物用トレイルカメラをそれぞれ最適な場所へ8台設置しました。捕獲器は1台を飼い主さんの家へ。

最適な場所に動物用トレイルカメラを置いたため、しゃけちゃんが映りました。

それがこちら↓

ルンルンなしゃけちゃん
家の裏を通るしゃけちゃん
置きエサを食べていたしゃけちゃん

これは動画の一部です。

カメラを置くことで、今回はしゃけちゃんでしたが、どのような仕草や動きを取っているのかで、隠れているのか、遊んでいるのかなどもわかってきます。

つまり迷子猫の状況がわかります。

また、複数置くことにより、歩いていった方向がわかり、最後に映った場所からそっち方面にいるなど。

そこから、置きエサや隠れられる場所、空き家だったりなどを猫目線で捜すと発見できることが多くなります。

自分が捜した、見た所でいなかったら、そこには100%いないと言いきれるように、いろいろな仕掛けも使いながら全力で捜してます☺️

そうすることでやっと発見出来ます。

2日で生存確認と自分の家がわかっている事、置きエサを食べていたこと、遊んでいたことまで色々とわかりました。

これは深夜の2時頃に捜索していて発見したしゃけちゃんを撮影出来ました。

発見して、しゃけちゃんがどのように行動しているか把握は出来ても・・・

どうやって捕まえるか?どうやって保護するのか?

状況に合わせて今までの経験から最適な方法をとります。

この場合は・・・

置きエサをなくすことでした。

置きエサをしているおばさんに飼い主さんと一緒に、一週間だけでいいので辞めてもらえませんか?

と、必死に気持ちを込めてお願いをしました。

無事に協力をしてくれました。

本当にありがたいです🥰

なぜ、飼い主さんと一緒に気持ちを込めてお願いをするのか?

なぜなら、置きエサやごはんをあげている方は、それぞれの考えを持ってやっているからです。

今回の状況だと、大量にごはんを入れて一日中野良猫が自由に食べれるようにしていたので、やめると野良猫が困ってしまうという問題が出てきます。

このようにいろんな状況があります。

状況に応じて対応していかなくてはいけません。

これはチラシをポスティング、ポスター貼りをした場所です。

ポスティングは広範囲に飼い主さんが、しゃけちゃんが迷子猫になってからすぐに始めていました。

白丸、約50枚を目立つ場所、最大限に効果を発揮する場所に貼っていきました。

ただ、たくさん貼ればいいという事ではありません。

飼い主さんの家の方角、目撃情報があった方向、貼る高さ、見やすい角度、たくさんの人に見られる場所など、細かいコツやテクニックがあります。

このように(白丸の)ポスターを飼い主さんのお家から最大限に効果を発揮する場所に貼ることで、

赤矢印のように、しゃけちゃんがいるエリアに出入りした人達にわかるようにしていきます。

ポスティング、ポスター張り、手渡しで聞き込みをすることで、いたら、見たら絶対に情報が入るようにします。

いかに早く行動するかが大切になってきます。

迷子猫のしゃけちゃんの気持ちとは

元々野良猫という事もあり、もともといた場所に戻りたかったのだと思います。

また、遊びたかった気持ちもあると思います。

まとめ

一つ一つ丁寧に最適な方法で捜索をすることで無事保護へ繋げられたと思います。

しゃけちゃんを無事に保護出来て本当に良かったです。

ペット探偵ペットヘルプを詳しく知りたい方や、迷子ペットや迷子猫を探している飼い主さんに、私達の思いや活動している様子が伝わったら嬉しいです。

私たちが捜索したら何もない状況より、必ずプラスになります。

なぜなら

今までの経験やノウハウ、知識を活かして全力で捜していくことで見つける自信があるからです。

もし、ペット探偵に依頼を考えている方は、ブログ、SNS、ホームページ、クチコミ、直接電話してみて、いろいろな視点で(他社と比較してから)考えてみてください。

大切な家族との再会のために。必ずお力になれます。

そして、困っている人にこんなペット探偵がいると教えてあげてください。

一人で苦しまず素直になって頼ってください。

助けてくれる人はいます。

少しでもいいね!!と思ったらリツイート拡散やシェアをお願いします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。😸

SNS情報

Twitter&Instagramフォローよろしくお願いします!!

↓ボタンをタップ😸

【LINEの無料サービス】アイコンや名前も自由に匿名でも参加可能です。

普段の活動の様子やお知らせなどを主に投稿してます。

お気軽に会話出来るようなアットホームな場所になれたらと思います。

青文字をタップして参加‼「イブキ@ペットヘルプファミリー

お気軽にご参加どうぞ🥰

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

迷子のペットを探すプロのペット探偵。ペット探偵歴23年の経験から迷子犬・迷子猫・迷子鳥など大切なご家族をお捜しします。迷子ペットの無料相談受付中です。

コメント

コメントする

目次
閉じる