迷子猫チイ君。一切情報なしから29日振りに無事保護へ

こんにちはペット探偵ペットヘルプのイブキです。

創業24年、総依頼数500件超⤴︎

今回は迷子猫の捜索、【チイ】君 について執筆していきます。

本記事を読むことで

迷子猫の捜索をどのようにしていって、無事保護出来たかがわかります。 ペット探偵ペットヘルプのリアルをより深く、わかりやすく写真や動画付きで解説していきます。

どんな人に向けてか

迷子ペットや迷子猫を探している飼い主さん、ペット探偵ペットヘルプについて詳しく知りたい方向けです。

順番に解説していきます。

目次

結論

2021年6月8日に自宅網戸から脱走し迷子猫に。7月7日に捕無事保護出来ました。

チイ君の迷子猫の期間は29日間。

母とチイ君です。
大好きな飼い主さんのお布団でゴロゴロと幸せいっぱいのチイ君です😻

チイ君を無事に保護出来て本当に良かったです。大切な家族と再会が叶ってとても嬉しいです😸

迷子猫になった理由

網戸越しに見える野良猫が網戸を開けてしまい、追いかけていったそうです。

左の子はチイ君ではなく、同じ家族のひとりです。

飼い主さんによると?

飼い主さん

たくさんチラシをポスティングしても、いくら探しても一切情報がない状況。

少し歩いて行くとたくさん猫がいて、そこには、ロシアンブルーがたくさんいるという・・・

車も多く虐待する人もいるので生きているか心配で不安な気持ちでいっぱいの飼い主さんでした。

また、チイ君は首輪をしていないので、ロシアンブルーが多いので間違った情報も入りやすく、なかなか困難な状況でした。

イブキ

飼い主さんが既に行ったポスティングの範囲、地形、実際に迷子になったときの再現、周囲の環境、全てのヒアリングを基に、今一番にやること、出来ることは何か?と考えました。

この状況で最適解は・・・

空き家や隠れられそうな場所の捜索、そこにカメラなどを仕掛けをしていき、会う人全てに聞き込み、たくさんのチラシを広範囲で貼ること、全てを同時進行で行う事でした。

周囲の環境とは

赤線は大きい道路

青線は川

黄色線は一番いる可能性が高い場所

住宅街と広く繋がる畑と川があるような場所でした。

どのように捜索していったか

初めに時間をかけて細かくヒアリングをして行きます。

なぜなら・・・

迷子ペットの状況を詳しく把握する事で、今までの経験から最適な方法で捜すことができるためです。

闇雲に捜すのではなく、より詳しく把握する事で効率よく捜索が出来るので発見率も全然変わってきます。

ペットヘルプがいつもしているヒアリングとは?

例えば

迷子になってしまった原因についてなど

(これはヒアリングの一部)です。

迷子になってしまった原因によって近くにいるのか、遠くなのか、その子の目的は何なのか?原因によって捜索の仕方が変わってきます。

ヒアリングを基に迷子になった周りを徹底的に捜して状況把握してから、最大限に効果を発揮できるように仕掛けをして行きます。

例えば、カメラなど。

設置したカメラは24時間監視してくれるので、人間が通らないような真夜中でも撮影されるため、一つの【目】として設置していきます。

これは空き家で、奥の赤丸の所は出入りできる隙間があったため、置きエサとカメラを設置しました。猫は映らずここはハクビシンの住処となっていました。

ここで私たちに出来ることは?

無事保護へ繋がるように道を作ることです。

どうゆう事かと言うと、そこから少しでも動きが出たら目撃情報が入るようにすることで、基盤のような無事保護へ繋がるきっかけを作ると言う事です。

チラシを最大限に効果を発揮できる場所を選び、より情報が入りやすいようにたくさんのチラシ貼りや、直接の手渡しでの多くの聞き込み、この迷子猫を見ていませんか?だけではなく、飼い主さんの思いを伝えて相手の記憶に残るように、今後、小さな情報でも入るように、無事保護へ繋がるように、一つでも多くの目を増やしていくことをしていきます。

この画像の、黄色線の中を目視で捜索をしながら聞き込みと貼り紙を効果的に貼って行きました。

そうすると、わずか一日で「最近よく似ている子がここにいますよ」と連絡がありました。

飼い主さんは、すぐに駆け付けるとそこには、チイ君がいました。

すぐにその場で抱っこ出来て無事保護となりました。

どのようにチイ君が移動したのか?

それは、画像の下のピンクの丸から上のピンクの丸へいっていました。

途中までは住宅街ですが、半分は畑になっています。

畑は猫が移動するのに邪魔がないのでワープするかのように距離が伸びてしまいます。

迷子猫のチイ君の気持ちとは

外の猫に不満があったと思います。目撃情報を頂いた方によるとずっと、この場所でゴロゴロと人に甘えていたそうなので、外に出て見て少し楽しいという気持ちがあったと思います。

すぐに私にも近寄ってきて甘えていました。

迷子になってから、そこにたどり着き、居心地が良かったのか、ほぼ同じ場所にずっといたそうです。

まとめ

チイ君を無事に保護出来て本当に良かったです。

大切な家族との再会のためにお力になれた事、心の底から嬉しいです。

ペット探偵ペットヘルプを詳しく知りたい方や、迷子ペットや迷子猫を探している飼い主さんに、私たちのや活動している様子が伝わったら嬉しいです。

私たちが捜索したら何もない状況より、必ずプラスになります。

なぜなら

今までの経験やノウハウ、知識を活かして全力で捜していくことで見つける自信があるからです。

もし、ペット探偵に依頼を考えている方は、ブログ、SNS、ホームページ、クチコミ、直接電話してみて、いろいろな視点で(他社と比較してから)考えてみてください。

私たちは大切な家族との再会のためにお力になれます。

そして、困っている人にこんな熱いペット探偵がいると教えてあげてください。

一人で苦しまず素直になって頼ってください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。😸

SNS情報

Twitter&Instagramフォローよろしくお願いします!!

【LINEの無料サービス】オープンチャット

青文字をタップして参加‼「イブキ@ペットヘルプファミリー

普段の活動の様子やお知らせなどを主に投稿してます。

お気軽にご参加どうぞ🥰

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

迷子のペットを探すプロのペット探偵。ペット探偵歴23年の経験から迷子犬・迷子猫・迷子鳥など大切なご家族をお捜しします。迷子ペットの無料相談受付中です。

コメント

コメントする

目次
閉じる