お客様からの声– ペット探偵口コミ –

アンちゃん

うちの老婆猫が脱走してしまいました。 居なくなったのを気づいたのが夜中近くだったということもあり、急いで辺りを探しましたが見つからず、翌日チラシを作ってご近所に協力を仰ぎましたが、見つかる気配はありませんでした。 もう少し若ければ自力で帰ってくる可能性や保護に賭けられたのですが、17歳の高齢である事を考えると、早期の発見が得策だと思い、今回ペットヘルプさんにお願いするに至りました。 他の口コミでもある通り、最初の電話対応が本当に良く、当初は翌日探索の予定でしたが、次の日が雨天だった事で、急遽当日夜に来てくれる事になり、夜中まで探索して貰えた結果、その日に無事捕獲する事ができました。 事前に準備するアドバイスや、生息しているであろうポイントを押さえるのが的確で、まさにプロの仕事でした。 相葉くんのテレビに出ていた事で、その知名度は知っていましたが、TVに出ている=優良とは限りません。 実際、情熱大陸や志村動物園などに出ていたペット探偵の口コミを見ると、評判の裏側が窺えるます。 なので正直見つかるかどうかは半信半疑でした。 今回はある意味『賭け』でペットヘルプさんに依頼しましたが、依頼して大正解でした。 もしペットの迷子でお困りの方がいましたら、ココは絶対にお勧めです! 今後依頼する事がないように気をつけますが、万が一また迷子にさせてしまった際は、再度ペットヘルプさんに依頼します。 今回は本当に有り難うございました。 

きなこちゃん

2021/9/5の夕方、愛猫が私の不注意で開けていた窓から庭に出てしまい、そのまま行方不明になってしまいました。 昼夜問わず主人と付近を捜索し、ブログを参考に猫砂を撒いたり、チラシをポスティングしたり近隣の方に聞き込みをしましたが、見つかるのは野良猫ばかりで、愛猫の痕跡は全く見つからず… 野良猫に追われてもう遠くに行ってしまったのではないか、全然検討違いのところを探しているのではないか、誰かにもらわれてしまったのではないか、事故にあったりしていないかなど考えれば考えるほど不安になり頭がおかしくなりそうでした。 仕事をしていても、愛猫のことが気になり、全く手がつかず…。 さらに、愛猫は臆病で警戒心が強いため、発見したとしても、また逃げてしまう可能性もあり、どうやって保護すればよいか検討もつかず途方に暮れていました。 そんな時に、ネットでペット探偵のことを知りました。 素人の自分達では発見・保護することはもう難しいと判断し、行方不明になってから3日目の朝にプロに依頼をすることを決めました。 複数あるペット探偵業者の中で、ペットヘルプさんに決めたのは以下の理由になります。 ・クチコミが他の業者より圧倒的に良かったこと ・2名体制とのことだったので、確実にプロの方が担当してくれる安心感があった(他社のクチコミを見たらアルバイトがきたとあったので…) ・たまたま電話した直前に他の方の依頼がキャンセルになり、即日対応可能であったこと(ご縁を感じました) ・電話での応対が良かったこと そして依頼したその日の夜に、春子さんと伊吹さんが自宅にきてくれました。 猫のいなくなった時の状況や性格などの細かなヒアリング、いなくなった場所の実況見分をして頂き、その時愛猫がどういう状況や気持ちだったかを穏やかな口調で、かつ冷静に分析、説明をしてくれました。 愛猫がいなくなってから、ショックで頭が回っておらず、常に緊張と焦燥感で冷静に物事を考えることができなかったのですが、お二人の穏やかな様子を見ていたら、自然と自分の気持ちも落ち着いていきました。 そして捜索開始からわずか1時間ほどで、自宅近くの民家と民家の隙間にいたところを発見してもらいました! 主人と毎日足が棒になるまで捜索しても、痕跡1つみつからなかったのに、こんな短時間で…本当にすごい!の一言です。 しかし、発見して無事解決と思いきや、なかなかその場から動こうしない愛猫。。民家と民家の隙間の奥まったところにおり、確保が難しい状況に…。 そんな状況の中、 今、愛猫がどういう気持ちなのか、それに対して我々はどう行動すべきか(声のかけ方や近寄ってきた時にどうするべきか)を伊吹さんに教えてもらい、愛猫がこちらに近寄ってきてくれるよう慎重に行動しました。 ちょっと近寄ってきたと思ったら、また奥に行き動かず…そんな一進一退の攻防をずっと繰り広げ…。 その都度、状況が変わるたびに、伊吹さんが逐一アドバイスをくれました。 これが本当に頼もしく的確で、私達だけだったらどうしてよいかわからず、無理に捕まえようとしてまた逃げられていたことだったと思います。。 そして、発見から2時間、猫がやっとこちらに気づいてくれたのか、近寄ってきてくれたところを無事に保護することができました。 (同じような状況で10時間以上かかる方もいるようです…) 愛猫は大きな怪我もなく、体に土や枯葉がついてすこし汚れていました。 春子さん曰く、近所にあった畑の中で2日くらいじっとしていて、私達が何度も捜索にきたことによって道路に残った家族の匂いに気づき、畑から民家の方にでてきたのではないかとのことでした。私達家族がペットヘルプさんが来るまでにやってきた行動に何一つ無駄なことはなく、電話で依頼をしたタイミングもすごく良かったとのこと。(1日ずれていたら早期発見できなかったかも…) すべて色々なことが繋がった結果なのだとおっしゃって頂き、胸のすく思いでした。 今回、本当にペットヘルプさんにお願いして良かったです。 やっぱりプロの方はすごいです! とにかく不安な時に、常にプロ目線で、冷静に的確なアドバイスをくれる方がいるというのは、本当に大きいです! 大事な家族を取り戻していただき、ありがとうございました! ペットがいなくなり、不安な毎日を過ごされている方、どうか諦めずにペットヘルプさんに相談してみてください! このお二人は信頼できます!

ももたくん

この度は脱走した愛猫の捜索をお願いし、無事保護するに至りました。本当に感謝でいっぱいです。 7月8日に外猫に腹を立て(たかどうかはわかりませんが)、網戸を倒して、脱走しました。完全室内飼いで初めての脱走、天候も悪い日が続いており生きた心地がせず、すぐにネットでペットを探してくれそうな業者さんを検索しました。しかし関東圏のみの所が多く、全国出張OKと記載してある所も、行くことは出来るけど高くつくし、それよりも捕獲器を仕掛けてみたら?というところばかりでした(こちらとしては、かなり臆病なネコの為、飼い主といえど素人の捕獲器では無理と思ってプロの方にお願いしたかったのですが)。その中で、とある業者の方が全国OKの所があるからと教えてくださったのがこちらのペットヘルプさんでした。お電話にて、とても親身に話を聞いてくださり、それだけで救われました。ただ、この時点で来ていただけるのが3週間先とのこと、かなり悩みましたがお願いしました。 玄関の防犯カメラには毎日写っており、それまで何とか動向を把握しておきたかったのですが、何と予定の三日前から全く姿を見せず、あと少しだったのに!!と絶望的な気持ちになっていました。しかし、初日に仕掛けて頂いた監視カメラ(5台)にしっかり写っており、安堵で涙が出そうになりました。 捜索期間中に保護は叶いませんでしたが、お二人の知識と経験に基づいた的確なアドバイスのおかげで絶対に戻ってくると希望を持ち続けることができ、二日後に無事保護することができました(最終日に捕獲器とカメラ2台という大切なお仕事道具まで貸してくださいまして…ありがとうございました)。 最後になりましたが、悪天候の中、快くお越しいただき、また終始こちらの不安な気持ちに寄り添ってくださりありがとうございました。今後ますますのご活躍、心より応援しています。

ゆうくん

6月9日に自宅を脱走してから3ヶ月かかりましたが9月6日に無事保護出来ました。 最初2、3日は自力で探しましたが猫の気配が全くありませんでした。プロに頼もうと思い、ネット検索。1番やる気がありそうな業者と契約しました(ペットヘルプさんではない)。しかし、ネットの感じとは違い、1日来てまた、週末来ますと言ったまま、週明けになっても来てくれず、こちらから電話で催促するような感じでした。来たと思ったら、近所を回り猫の写真を撮ってきて、「この子ですか?」と確認しに来ます。見ると柄しか合ってなかったりしました。(特徴は教えてありましたが聞いてない?) 本当にストレスにしかなりませんでした。この業者が見つけたら奇跡だと思いました。ネットではすごい実績が書いてあったのに。そんな時、ぺットヘルプさんのHPでクチコミ、プログを確認し、電話しました。春子さんはこちらの話を、ちゃんと親身になって聞いてくれ励ましてくれました。あいにく脱走から1ヶ月後ぐらいの日程しか空いてませんがどうします?その間に帰ってきたらキャンセル料が掛かってしまいますが?帰ってきたらキャンセル料ぐらい安いものだし、もうペットヘルプさんに絶対頼もうと 決めてました。捜索の3日間では見付けることは出来ませんでしたが、これからの自力の捜索の基礎を作ってくれたと思います。電柱にたくさんの捜索ポスターを貼って頂き、聞き込みをしカメラの仕掛け方等を教えてもらいました。 捜索が終わってから1ヶ月くらい後でも、電話すると、親身になって話を聞いてくれ、アドバイスをくれました。保護の決定打になったのは春子さん、伊吹君が貼ってくれた捜索ポスターでした。こちらの方は移動手段は自動車が主なので電柱のポスターは?と思ってましたが、犬の散歩の人や健康のための散歩の方が案外見てくれてました。目撃情報をくれた方も散歩中で「似た猫が居ましたよ。背中に白のワンポイントもありますよ」と電話をくれました。早速、その家の方の許可を貰い次の日の早朝に餌とカメラを仕掛けさせてもらいました。1時間後確認しに行くと、えさが無くなってました。 カメラを確認すると野性味を帯びたゆう君がしっかり写ってました。生きててくれて良かった それが真っ先に思った感想でした。これだけお腹が空いているのなら、捕獲器で保護出来るかも、と思い早速春子さんに相談。発見を喜んでくれ、捕獲器の仕掛け方のアドバイスをして頂きました。次の日の早朝捕獲器をセット。1時間おきに双眼鏡で確認。3時間後捕獲器の蓋が閉まってるのを確認。早速中を確認すると、白いところが茶色くなった野生児ゆう君が居ました。病院に行き診察して貰うとゲガや病気はありませんでした。脱走時3.5キロあった体重は2.0キロになってました。過酷な3ヶ月間の生活を物語っていました。 保護から一週間が経ち、すっかりおっとりゆう君になってます。 本当にペットヘルプの春子さん、伊吹君には感謝しています。捜査の3日間だけではなく、その前後でも、何時でも親身に話を聞いてくれ、アドバイスをくれました。励ましてくれました。3ヶ月間は長かったけど、春子さんのゆう君は必ず居ますと言う力強い言葉に頑張れた気がします。もし、ペットが脱走して困ってる方がいましたら、ペットヘルプさんを頼ってみてください。希望が見えてくると思います。

1 2 3 4 5 6 7 8 9