【迷子猫】約10時間の格闘ひいろ君を無事保護へ【ペット探偵】

こんにちはペット探偵ペットヘルプのイブキです。

創業23年、総依頼数500件超⤴︎

今回は迷子猫の捜索、【ひいろ】くんについて執筆していきます。

本記事を読むことで

迷子猫の捜索をどのようにしていって、無事保護出来たかがわかります。 ペット探偵ペットヘルプのリアルをより深く、わかりやすく写真や動画付きで解説していきます。

どんな人に向けてか

迷子ペットや迷子猫を探している飼い主さん、ペット探偵ペットヘルプについて詳しく知りたい方向けです。

順番に解説していきます。

脱走する前の写真
目次

結論

2021年4月7日お昼頃に散歩しようとしたときにビックリしてしまい脱走。4月9日深夜2時頃に無事保護へ。

(ひいろ)君の迷子猫の期間は2日間。

保護してお家に帰れたひいろ君↓

飼い主さんとひいろ君

実際にクチコミを書いてくれました。

ありがとうございました😸

長い時間の格闘でしたが無事に大切な家族を助けることが出来て本当に良かったです。

迷子猫になった理由

飼い主さんは飼っている二匹の猫、ゆき君とひいろ君を散歩させようとした所、アパートの共有廊下で住民に話しかけられビックリしてしまい、そのときひいろ君はまだリュックの中でしたが中で暴れて開いてしまいチャックが開いてしまい脱走し迷子猫になってしまいました。

実際の現場↓

このリュックを開けて脱走

ひいろ君はアパートの共有廊下でビックリしてしまいパニック状態で走り回りアパートの裏庭へ行きました。

ここで見失ってしまったそうです。

飼い主さんによると?

飼い主さん

見失ってから一時間後には倉庫と壁の間にいるところを発見したが、目を離した隙にいなくなってしまった・・・

パニック状態で脱走してしまったので心配で不安の中、どうしても仕事が休めず仕事に手が付かないような状況になっていました。

周囲の環境とは

アパートの裏はこんな感じ↓

周りは川や畑もあり、電車も走っているような環境で、危ない場所もあれば、人気のない場所もあり時間が経つと困難になると予測できる場所でした。

どのように捜索していったか

初めに時間をかけて細かくヒアリングをして行きます。

なぜなら・・・

迷子ペットの状況を詳しく把握する事で、今までの経験から最適な方法で捜すことができるため。

闇雲に捜すのではなく、より詳しく把握する事で効率よく捜索が出来るので発見率も全然変わってきます。

ペットヘルプがいつもやっているヒアリングとは?

例えば

迷子になってしまった原因についてなど

今回の迷子になってしまった原因は、ビックリしてしまって・・・が一番の理由です。

基本的にビックリしてしまってという理由の場合は近くにいることがほとんどです。

ビックリしてしまったときにどんな行動を取っていたかにも、近くなのか遠くなのかも変わってきます。

(これはヒアリングの一部)です。

迷子になってしまった原因によって近くにいるのか遠くなのか、その子の目的は何なのか、原因によって捜索の仕方が変わってきます。

ヒアリングを元に家の周りを徹底的に捜して状況把握してから、最大限に効果を発揮できるように仕掛けをして行きます。

ヒアリングを元に、そのときの行動を再現してもらったり、今までの経験から予測をするとアパートの裏庭にいたときから、まだ時間がそんなに経っていないこともあり、おしっこの砂を効果的に設置していったので、また近くに戻ると予測をしました。

そのため、アパートの裏庭に的を絞って動物用トレイルカメラをどこからきても映るように10台、捕獲機は1台を倉庫の壁に沿って設置していきました。

徹底的に捜して状況把握してから、最大限に効果を発揮できるように仕掛けをして行きました。

なぜアパートの裏庭、倉庫の周りに絞ったのか・・・

野良猫が気にしているように見ていたからです。

それがこちら↓

この三毛猫ちゃんが何度も心配しているように見ていました。

おしっこの砂を倉庫周りにやったのは理由があります。

そこに一度隠れた事、またそこをテリトリー、自分の臭いで落ち着いてもらうためです。

家猫の場合は外では自分の臭いがないため、特にビックリしてしまったという原因のときにとても有効な方法で、自分の臭いがする所へ戻るという行動を取ってくれます。

このおしっこの砂の方法を早めに出来た事がとても大きなことで、迷子になりその場所から離れないように行動を制限することが出来ます。

捜索してから次の日、倉庫の下に戻ってきてくれました😸

倉庫の下にいるところを発見しました。

それがこちら↓

赤丸の中にいるのが迷子猫のひいろ君

無事に発見できたことはまずとても嬉しい事。

飼い主さんもホッとしてくれました。

ここからどうやって保護するか

発見したのは16時ころでした。

まず、ひいろ君がビックリしてしまいどこかに行ってしまわないように出れる場所を一箇所に絞りました。

それは、近くにあるスーパーに事情を話してダンボールを貰いに行きました。

その間イブキはひいろ君がどこかに行かないように見張りをしていました。

このように倉庫が大きく大変でしたが全てダンボールや植木など使い工夫をして塞いでいきました

一箇所の出口には捕獲器を設置。

いろいろな方法を試すがひいろ君は全然動いてくれませんでした。

飼い主さんは仕事があるため合流できたのも20時頃でした、その間に雷も鳴り大雨も降ってしまいました・・・

捕獲器にも半分入るがまた戻ってしまうという繰り返し、捕獲機が嫌なのかと思い捕獲機も外して飼い主さんだけにしても

ひいろ君は鳴くが、少し近づくがまた戻るの繰り返しでした。

鳴き方や表情、動きを見る限りまだ外にいたいのではなく、帰りたいというのが伝わっていました。

どうしたらあと一歩前に来てくれるか・・・

この場合の答えは、ひいろ君の足元から飼い主さんのところまでタオルをひいてあげるでした。

なぜなら・・・

ひいろ君はとてもきれい好きだったということが一番の理由でした。

タオルをひいたら、そこを歩いて飼い主さんがそのまま抱っこできて26時頃に無事保護となりました。

雷も鳴り大雨が降ったから地面がドロドロだったのが嫌だったのだのだと思います。

迷子猫のひいろ君の気持ちとは

ビックリしてしまいパニック状態で走り隠れた場所が倉庫、ただそこは狭くいずらい場所であったため移動したが、すぐに自分のおしっこの砂の臭いがして戻ってきてくれました。

不安な気持ちだったため、自分の臭いがして落ち着いていた、

また、外は怖くて早く帰りたいと思っていたと思います。

まとめ

ひいろ君を無事に保護出来て本当に良かったです🥰

無事に導くことが全て的確に出来たことも嬉しいです。

ペット探偵ペットヘルプを詳しく知りたい方や、迷子ペットや迷子猫を探している飼い主さんに、私達の思いや活動している様子が伝わったら嬉しいです。

私たちが捜索したら何もない状況より、必ずプラスになります。

なぜなら

今までの経験やノウハウ、知識を活かして全力で捜していくことで見つける自信があるからです。

もし、ペット探偵に依頼を考えている方は、ブログ、SNS、ホームページ、クチコミ、直接電話してみて、いろいろな視点で(他社と比較してから)考えてみてください。

大切な家族との再会のために。必ずお力になれます。

そして、困っている人にこんなペット探偵がいると教えてあげてください。

一人で苦しまず素直になって頼ってください。

助けてくれる人はいます。

少しでもいいね!!と思ったらリツイート拡散やシェアをお願いします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。😸

SNS情報

↓ボタンをタップ😸

Twitter&Instagramフォローよろしくお願いします!!

【LINEの無料サービス】オープンチャット

青文字をタップして参加‼「イブキ@ペットヘルプファミリー

アイコンや名前も自由に匿名でも参加可能です。

普段の活動の様子やお知らせなどを主に投稿してます。

お気軽に会話出来るようなアットホームな場所になれたらと思います。

お気軽にご参加どうぞ🥰

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

迷子のペットを探すプロのペット探偵。ペット探偵歴23年の経験から迷子犬・迷子猫・迷子鳥など大切なご家族をお捜しします。迷子ペットの無料相談受付中です。

コメント

コメントする

目次
閉じる