広島県、猫の町の尾道で、迷子猫なーちゃん無事保護へ【ペット探偵】

こんにちはペット探偵ペットヘルプのイブキです。

創業24年、総依頼数500件超⤴︎

今回は迷子猫の捜索、【なーちゃん】について執筆していきます。

本記事を読むことで

迷子猫の捜索をどのようにしていって、無事保護出来たかがわかります。 ペット探偵ペットヘルプのリアルをより深く、わかりやすく写真や動画付きで解説していきます。

どんな人に向けてか

迷子ペットや迷子猫を探している飼い主さん、ペット探偵ペットヘルプについて詳しく知りたい方向けです。

順番に解説していきます。

目次

結論

2021年8月16日に自宅玄関から脱走し迷子猫に。9月5日に無事保護出来ました。

なーちゃんの迷子猫の期間は20日間。

無事保護後のなーちゃんです。

なーちゃんを無事に保護出来て本当に良かったです。大切な家族と再会が叶ってとても嬉しいです😸

迷子猫になった理由

玄関を開けた隙に飛び出してしまい、追いかけたが、その後見失ってしまい、迷子猫になってしまいました。

そのときの現場がこちら↓

なーちゃん

白丸の所から飛び出してしまい、矢印の方向で勢いよく走ってしまい・・・

なーちゃん

矢印の方向から白の点線の中の畑に飛び込み姿が見えなくなってしまい迷子猫に

飼い主さんによると?

飼い主さん

一度、近くのビニールハウスの中にいるなーちゃんを発見し、2,3人で挟み撃ちをして捕まえようとしたが、ビニールハウスの隙間から逃げられてしまった・・・

少し解説

猫を保護するときについて。【猫を捕まえられるとは思ってはダメです】特に迷子猫は普段外にいる猫とは違い、慣れていない外に出ると警戒心MAXの状態です。飼い主であっても猫の本能で逃げます。1番大切なのは、追いかけない。焦らない。保護するには猫の気持ちを第一に考えてあげることが大切です。

挟み撃ちという方法を取るのはリスクがあります。

なぜか?

もし、失敗してしまったら、さらに警戒してしまい、猫にその場を危険な場所と認知されてしまうと、その場所から離れてしまうからで、無事保護まで行くまで期間が延びてしまいます。

この方法を取る場合は、出る場所がないかなどよく確認してからやりましょう。

ときにはチャレンジも大切です。

周囲の環境とは

山に囲まれた場所で畑が広く広がり、野生動物が多くいるような環境でした。

キツネが多くいました🦊

広く広がる畑
赤丸のような軒下は猫にとっては最高の隠れ家になります。

空き家や、空き倉庫など隠れられる場所がたくさんありました。

こらは、畑の隅に座っていたキジトラ猫です。キジトラ柄は自然に同化しやすく見つけるのが大変です。

どのように捜索していったか

初めに時間をかけて細かくヒアリングをして行きます。

なぜなら・・・

迷子ペットの状況を詳しく把握する事で、今までの経験から最適な方法で捜すことができるためです。

闇雲に捜すのではなく、より詳しく把握する事で効率よく捜索が出来るので発見率も全然変わってきます。

例えば

迷子になってしまった原因についてなど

迷子になってしまった原因によって近くにいるのか、遠くなのか、その子の目的は何なのか?原因によって捜索の仕方が変わってきます。

今回のなーちゃんは、自分から飛び出したこと、一度捕まえるのに失敗していること、この事を踏まえて、ヒアリングを基に考えると・・・

捕まえるのに失敗してから姿を見れていないので、少し離れている可能性、自分から出ているため何かの目的があるはずと考えました。

そのため、

近くにいるのかの確認を取るために、家の周り、置きエサがあるお宅に聞き込みついでにカメラの設置のご協力をお願いし、隠れる可能性が高い空き家や軒下の近く、いろいろな可能性を考えて、カメラを合計12台設置していきました。

設置したカメラは24時間監視してくれるので、人間が通らないような真夜中でも撮影されるため、一つの【目】として設置していきます。

隠れられそうな軒下の近く

隠れられそうな空き家の近く、猫の道が映るように。

家の周りは、全て把握出来るように、あらゆる角度で多く設置していきました。

他にも猫が多くいたため、捕獲機は3台設置。

家の近くや、隠れられそうな場所にはカメラを設置し、目を増やし監視してもらいつつ目視での捜索。

そうすると、予測していた空き家から顔を出しているなーちゃんを発見。

そのときの写真がこちら↓

5メートルくらいまで接近することが出来ましたが、これ以上行くのは危険なので飼い主さんを呼びバトンタッチをしました。

いろんな作戦、指示をしながら1時間以上、3メートルくらいの距離でじっと動かないなーちゃんでした。

一度捕獲に失敗していることもあり、警戒心が中々取れないため、仕掛けに任せてあえてそっとしておくことにしました。

これは設置したカメラの映像です↓

何度も自分のおしっこの砂の臭いを嗅いだり家の周りをウロウロしていることがわかりました。

また、カメラの映像から分析すると、自分から出たということもあり、一人のときではそこまで警戒して行動はしていませんでした。ただ、動く時間帯は外猫が動いていない時間帯でした。

目視での捜索で発見した場所、飼い主さんが一度見た場所などカメラの映像から分析した結果、下の画像、白い点線の中を行動範囲とし、赤丸を隠れ家とし、赤矢印の方向で家や、隠れられそうな場所を点々と行動していることがわかりました。

その後、家の近くに設置していた捕獲機に入り無事保護となりました。

迷子猫のなーちゃんの気持ちとは

外で何かの目的があり、遊びたかったというのが大きいと思います。けれど、動けたのは深夜帯で他の野生動物や外猫を気にしながら行動していたのだと思います。

まとめ

なーちゃんを無事に保護出来て本当に良かったです。

大切な家族との再会のためにお力になれた事、心の底から嬉しいです。

ペット探偵ペットヘルプを詳しく知りたい方や、迷子ペットや迷子猫を探している飼い主さんに、私たちのや活動している様子が伝わったら嬉しいです。

私たちが捜索したら何もない状況より、必ずプラスになります。

なぜなら

今までの経験やノウハウ、知識を活かして全力で捜していくことで見つける自信があるからです。

もし、ペット探偵に依頼を考えている方は、ブログ、SNS、ホームページ、クチコミ、直接電話してみて、いろいろな視点で(他社と比較してから)考えてみてください。

私たちは大切な家族との再会のためにお力になれます。

そして、困っている人にこんな熱いペット探偵がいると教えてあげてください。

一人で苦しまず素直になって頼ってください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。😸

SNS情報

Twitter&Instagramフォローよろしくお願いします!!

【LINEの無料サービス】オープンチャット

青文字をタップして参加‼「イブキ@ペットヘルプファミリー

普段の活動の様子やお知らせなどを主に投稿してます。

お気軽にご参加どうぞ🥰

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

迷子のペットを探すプロのペット探偵。ペット探偵歴23年の経験から迷子犬・迷子猫・迷子鳥など大切なご家族をお捜しします。迷子ペットの無料相談受付中です。

コメント

コメントする

目次
閉じる