山中湖パノラマ台で迷子猫。消防レスキューも出動⁉大自然の中で無事保護へ【ペット探偵】

こんにちは。ペット探偵ペットヘルプのイブキです。

創業25年、総依頼数1000件超⤴︎

今回は迷子猫の捜索、【会長】くんについて執筆していきます。

本記事を読むことで

迷子猫の捜索をどのようにしていって、無事保護出来たかがわかります。 ペット探偵ペットヘルプのリアルをより深く、わかりやすく、写真や動画付きで解説していきます。

どんな人に向けてか

迷子ペットや迷子猫を探している飼い主さん、ペット探偵ペットヘルプについて詳しく知りたい方向けです。

順番に解説していきます。

目次

結論

2021年9月23日に山中湖パノラマ台でパニック状態になり迷子猫に。10月3日に無事保護出来ました。

会長くんの迷子猫の期間は10日間。

会長くんを無事に保護出来て本当に良かったです。大切な家族と再会が叶ってとても嬉しいです😸

迷子になる前の会長くんです。
無事保護後の会長くんです😸
暖かいお家でゴロゴロする会長くん😸

飼い主様から貴重なクチコミを頂きました。ありがとうございます😸

詳しくはグーグルで『ペット探偵ペットヘルプ』と検索でその他のクチコミをみれますฅ^•ω•^ฅ

迷子猫になった理由

飼い主さんは、富士山が綺麗に見える山中湖のパノラマ台で、会長くんと富士山を一緒に写真を撮ろうとしたそうです。そのときに・・・猛スピードでバイクが近くを通り、その音にビックリしてしまい、パニック状態で崖の方へ飛び込んでしまい、迷子猫になってしまいました。

これが実際の現場です↓

飼い主さんによると?

脱走防止のため、ハーネスとリードをきつくして二重にしていたそうです。

けれど、バイクの音にビックリしてしまった会長くんは、物凄い勢いで逃げようとして、飼い主さんが握っているリードと引っ張り合いなってしまい、それがあまりにも強い力だったので、飼い主さんが転んでしまったそうです。

転んだときには、ハーネスとリードが抜けていて、会長くんが崖の方へ飛び込んでしまう姿を見えたのが最後だったそうです。

飼い主さん

これはヤバい・・・と思い、、消防にレスキュー。

レスキューはすぐに来てくれて、崖を降りたり草むらをかき分けて一生懸命に捜してくれましたが一切姿がありませんでした。

周囲の環境とは

パノラマ台は明るいうちに観光客が来るのみで、あとは明かりが一切ない山の中です。

鹿がとても多く、もう少し奥に行くと熊がいるような、常に野生動物の鳴き声や足音が聞こえていました。

どのように捜索していったか

初めに時間をかけて細かくヒアリングをして行きます。

なぜなら・・・

迷子ペットの状況を詳しく把握する事で、今までの経験から最適な方法で捜すことができるためです。

闇雲に捜すのではなく、より詳しく把握する事で効率よく捜索が出来るので発見率も全然変わってきます。

例えば

迷子になってしまった原因についてなど

迷子になってしまった原因によって近くにいるのか、遠くなのか、その子の目的は何なのか?原因によって捜索の仕方が変わってきます。

ヒアリングを基に、まだ近くにいるのかの確認と同時に、今、無事保護する為に何が1番必要なのかを確認していきました。

会長くんの場合は、バイクの音にビックリしてパニック状態で逃げ出してしまったのと、飼い主さん含め、消防や友人が必死に草をかき分けて探したという事。これらから、会長くんの気持ちを第一に考えると、怖くて逃げたので探せば捜すほど離れてしまうと思いました。また、近くには野生動物も多くいるので動ける範囲が絞られてくると思いました。

会長くんにとっては、初めての外で、パニック状態で迷子になり知らない土地で、しかも人も猫もいない野生動物の世界に一人ぼっちでいるため、隠れている可能性が高いと思いました。

まずは近くにいるのかの確認↓

カメラを合計9台設置していきました。

設置したカメラは24時間監視してくれるので、人間が通らないような真夜中でも撮影されるため、一つの【目】として設置していきます。

探し方としては、カメラで監視をしてもらいつつ、隠れていると予測していた草むらには入らず、道路から刺激を与えないように目の光を頼りに探していきました。

そうすると、深夜2時くらいに120メートルくらい離れた場所で、一瞬、目が光りました。

鹿など他の野生動物も目は光りますが、光の色、光り方やその光の高さ、動きの速さからして会長くんに違いないと思いました。

けれど、目の光が一瞬見えただけで、姿を完璧に見たわけでもないので、この時点ではまだ100%会長くんとは言えない状況でした。

目の光が見えた付近を捜していると、決定的な証拠となる、会長くんに繋がるものを発見しました。

それは、光の先は水溜まりがあり、そしてそこには、足跡がありました。

それがこちら↓

このように足跡がありました。

なぜここに足跡があったかと言うと、水を飲みに来ていたのだと思います。この環境で会長くんが生きるにはここの水しかなかったからです。

この付近でここだけ砂利が溜まり、日陰で水が少し溜まっていました。

10日間、会長くんは水だけを飲んでいたのだと思います。

この↑画像の解説

水溜まり付近で目の光を目撃、光の行った方向は水溜まりでした。

会長くんの行動できるのは赤い点線付近だけです。なぜなら、黄色線は鹿などがたくさんいる野生動物のエリアになっているからです。

赤い点線付近にカメラを設置した所、会長くんが映りました。

それがこちら↓

その後、的確に捕獲機を設置し、捕獲機に入ってくれて無事に保護となりました。

迷子猫の会長くんの気持ちとは

パニック状態で凄く怖かったのだと思います。動く時間帯からして、警戒心マックスでどうやって生きていこうかと必死になっていたと思います。

まとめ

会長くんを無事に保護出来て本当に良かったです。

大切な家族との再会のためにお力になれた事、心の底から嬉しいです。

ペット探偵ペットヘルプを詳しく知りたい方や、迷子ペットや迷子猫を探している飼い主さんに、私たちのや活動している様子が伝わったら嬉しいです。

私たちが捜索したら何もない状況より、必ずプラスになります。

なぜなら

今までの経験やノウハウ、知識を活かして全力で捜していくことで見つける自信があるからです。

もし、ペット探偵に依頼を考えている方は、ブログ、SNS、ホームページ、クチコミ、直接電話してみて、いろいろな視点で(他社と比較してから)考えてみてください。

私たちは大切な家族との再会のためにお力になれます。

そして、困っている人にこんな熱いペット探偵がいると教えてあげてください。

一人で苦しまず素直になって頼ってください。

少しでもイイね‼と思ったらシェア拡散お願いします!

最後まで読んで頂きありがとうございました。😸

SNS情報

Twitter&Instagramフォローよろしくお願いします!!

【LINEの無料サービス】オープンチャット

青文字をタップして参加‼「イブキ@ペットヘルプファミリー

普段の活動の様子やお知らせなどを主に投稿してます。

お気軽にご参加どうぞ🥰

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

迷子のペットを探すプロのペット探偵。ペット探偵創業25年の経験から迷子犬・迷子猫・迷子鳥など大切なご家族をお捜しします。迷子ペットのお問い合わせはお気軽に。

コメント

コメントする

目次