群馬県前橋市で迷子猫【猫探偵】10日間待ってやっと現れた・・・警戒心が強すぎる迷子猫サンくんを無事保護へ

こんにちは。ペット探偵ペットヘルプのイブキです。

創業25年、総依頼数1000件超⤴︎

今回は迷子猫の捜索【サン】くんについて執筆していきます。

本記事を読むことで

迷子猫の捜索をどのようにしていって、無事保護出来たかがわかります。 ペット探偵ペットヘルプのリアルをより深く、わかりやすく、写真や動画付きで解説していきます。

どんな人に向けてか

迷子ペットや迷子猫を探している飼い主さん、ペット探偵ペットヘルプについて詳しく知りたい方向けです。

順番に解説していきます。

目次

結論

2021年12月30日に玄関を飛び出して迷子猫に。2022年1月19日に捕獲機にて無事保護出来ました。

サンくんの迷子猫の期間は20日間。

命を救えて助けること。そして保護出来て本当に良かったです。大切な家族と再会が叶ってとても嬉しいです😸

大切な家族との再会

飼い主様から貴重なクチコミを頂きました。ありがとうございます😸

12月30日実家に車で来て(二回目)パニックになりサン(猫)が、玄関から外に出てしまいました。

私達は、サンに土地勘が無い事から、「帰って来れるのだろうか」と、不安になりました。そこで、何かでペットヘルプさんを見て伊吹君の事を「信念の強そうな子だな」と、強く印象に残っていた、ペットヘルプさん伊吹捜査を、お願いする事にしました。

最初の電話で春子さんの優しい声、話し方が、私達を落ち着かせて下さいました。
まず、オンライン捜索フォローをして頂く事にしました。その内容は、伊吹君によるヒアリングです。サンの性格、普段の様子など、細かくサンの行動パターンを分析して下さいました。
サンが帰って来る為道筋の作り方、ポスティングの範囲、ポスターの貼る位置、サンが帰って来そうな方角に、暗視カメラのセット場所を、的確に教えてくれました。
その時に、伊吹君の真剣さ、誠実さ、分意識の強さを感じました。

12月30日~1月3日私達だけで、サン探しの努力を続けましたが、暗視カメラにサンの姿が写らなかったので、捜査も3日お願いする事にしました。(最短の1月9日~11日)
サンが居なくなり10日目の1月9日明け方にサンの姿が玄関前のカメラに写りました。

1月9日ペットヘルプさんが、15時到着後直ぐに周りを見に行かれ、カメラに写ったサンを確認すると、直ぐに庭に捕獲器、カメラサンがどの方向から来るのかわかっているかのように的確に設定しました。
その日は、捕獲器入るもトラップ板を踏まず。直ぐに対策を考えてくれました。
1月10日又しても捕獲器に入るがトラップ板を踏みませんでした。
1月10日サンが来そうな時間帯に来ますと、21時~2時過ぎまで捜査して下さいました。その日は、雨が降ってしまいサンは、現れませんでした。

三日間の捜査が終わってしまい「どうしたら良いのだろう?」と、途方に暮れていると、伊吹君からLINEで「保護出来るまでサポートします」と、嬉しいLINEが入りました。
1月11日~18日間サンは姿を表しませんでした。私は、毎日LINEで焦る気持ち、不安な気持ち、何をしたら良いのか?と伊吹君に聞いていました。「10日経って家に来れているので、警戒心が強いから近くで隠れているかもしれません」など、忙しい中でも必ずLINEを返してくれました。

そして、1月19日遂にサンを捕獲器により保護する事が出来ました。
計20日間の脱走でした。かなり痩せてはいましたが、体にキズなどありませんでした。やはり、伊吹君が言った通りに近くに隠れていたのだと思います。

ペットヘルプさん
サンと又一緒に暮らせます。
本当にありがとうございました。

詳しくは『ペット探偵ペットヘルプ』と検索でその他のクチコミをみれますฅ^•ω•^ฅ

迷子猫になった理由

玄関を開けた隙に飛び出してしまい迷子猫になってしまいました。

イブキ

飼い主さんの実家でしたが、サンくんにとっては2回目という事で慣れていない場所で落ち着かないため、車での移動という事もあり、パニック状態になり飛び出してしまったのだと思います。

飼い主さんによると?

飼い主さん

玄関を飛び出してしまい、追いかけたけれど、とても早くすぐ見失ってしまいました。近くには交通量が多い大通りがあり、とても心配・・・カメラを設置しても写らない。。

とても心配で不安な気持ちでいっぱい溢れていた飼い主さんでした。

推理・【迷子になった理由、ヒアリングから考えられる事

イブキ

なぜ、玄関から飛び出したのだろうか?それは、年末と言う事もあり、サン君にとっては慣れない場所に車で連れて来られて、精神的に不安定で落ち着かなかったと思います。そのため、一人で落ち着ける場所が欲しくて、探していたと思うのですが、まだそのときは、その隠れられる場所が見つかっていないときに、タイミングよく玄関が開いたので、静かな外に飛び出したのだと思います。

イブキ

近くには交通量が多い大通りがあり心配な所はありましたが、サン君の場合はその場が嫌で出たと考えられるので、慣れない場所での生活音が嫌だった事と一人で精神的に落ち着ける場所をサン君は探すのではないかと思いました。そのため、サン君は静かな音がしない場所を選ぶと予測が出来ました。

全ては、サン君の気持ちを考えて、サン君の目線で考えると予測が出来ました。

周囲の環境とは

静かな住宅街で空き家もちらほらあり、点々と猫が数匹いて置きエサをしている所が少なくとも3か所ありました。大通りも近くにあるような環境でした。

どのように捜索していったのか

初めに時間をかけて細かくヒアリングをしていきます。

なぜなら・・・

迷子ペットの状況を詳しく把握する事で、今までの経験から最適な方法で捜すことができるためです。

闇雲に捜すのではなく、より詳しく把握する事で効率よく捜索が出来るので発見率も全然変わってきます。

迷子になってしまった原因についてなど

迷子になってしまった原因によって、近くにいるのか、遠くにいるのか、その子の目的は何なのか?原因によって捜索の仕方が変わってきます。

迷子ペットの気持ちを第一に考えていきます

ヒアリングを基に、まだ近くにいるのかの確認と同時に、今、無事保護する為に何が1番必要なのかを確認していきました。

サン君の場合は、とても警戒心が強い性格でもあるので、サン君にとって落ち着ける場所、音がしないところに隠れている可能性が高かったです。

まずは、帰ってきやすいように、その場から離れないでもらえるように、おしっこの砂や残り湯を仕掛けていきました。

同時に自宅、置きエサをしているお宅や空き家にカメラ計9台とごはんの設置をしていきました。

迷子になった原点の場所、玄関先にはごはんを多めに置いてカメラを設置。

飼い主さん

他の猫が来るとサン君がこれないのではないか?他の猫にごはんをあげているだけで無駄ではないか?

きっと、多くの人はこのように疑問に思うはずです。

置きエサを続けた結果↓

玄関先にごはんとカメラを設置してから10日目でやっと食べに来ました。

玄関先のごはんには、毎日ボス猫のような地域にいる猫が、朝から夜まで3匹で、時間をずらして食べに来ていました。

10日間、毎日違う猫が来ていました。

オンライン捜索フォローで伝えていたことは、「毎日来る3匹が食べても余るように毎日置き続けてください。」とお伝えしていました。

なぜなら、猫は無駄な体力をなるべく使わないように、他の猫と鉢合わせにならないように行動します。

そのため、違う猫が食べていても、その場所で寝たりしない限り、継続することで、どこかのタイミングで食べに来れることがあるからです。

これが的中し、サン君は10日目にして、深夜にこっそりと食べにきました。

玄関先のカメラに写すことに成功したので、空き家や置きエサをしているお宅へ設置していたカメラを一気に自宅周りに集中させて、さらに台数を増やしていきました。

カメラに写ったので、ここで初めて捕獲機を効果的に仕掛けていきます。

捕獲機は万が一、他の猫が入ってもサン君が入れるように3台設置していきました。

設置したときの様子↓

解説

猫の道に捕獲機を設置しています。

捕獲機にはサン君の臭いの付いたタオルを敷いてあげて、周りの網が見えなくなるようにバスタオルで覆ってあげます。

捕獲機の周りにはおしっこの砂と残り湯を撒いてあげています。

猫が、猫の道を歩いているときに、ついでに興味を持ってもらえやすい位置です。

このように、サン君のために捕獲機を設置をすることで、サン君は捕獲機に入りやすく、他の猫は入りにくくなります。

近くの物置の下も隠れやすく、この他にも隠れやすい場所がたくさんありました。↓

物置の下は、下を覗くだけでは見えないような、物置の下から物置の中や骨組みの上に隠れることが出来ます。(黄色丸)

見た所は、100%いなかったと言えるように見ていくのが理想なのですが、この物置は100%といえないため、また、隠れやすく、近いので、隠れたり近寄る可能性が高いので、物置の下から入りやすいように設置をしていきました。↓

車の下から入りやすいように猫の道に沿って、効果的に設置↓

このように、サン君のために捕獲機を3台効果的に仕掛けていきましたが、中々入りませんでした。

何度も捕獲機の中には入るけれど警戒して首だけ伸ばして食べたりあと一歩踏み出さなかったりしていました。

早歩きをするサン君

カメラの中の小さな音にも反応してこちらを見ているのが分かります。音を警戒して早歩きになりました。

自分のおしっこの砂の臭いを嗅いだり、周りの音を凄い警戒しているのがわかります。
少しでも音がするとこのスピードで安全な場所へ避難していました。

1月10日に写ったのが最後で1月11日~18日までの間はまた姿を消してしまいました。

また姿が見れなくなったので、同じ場所でも再度ポスティングなど、情報が入るように動きついつも、帰って来れるようにおしっこの砂や、残り湯を続けていきました。

捕獲機を置く際に、置きエサをやめたので、他の猫は来にくくなったので、捕獲機は一番可能性がある場所、一つに絞りました。

保護する方法はたくさんあった方がいいので、捕獲機3台玄関を離れた場所からでも閉めれるように工夫をし、ドロップトラップを仕掛けたりしていきました。

1月19日に再び現れて、中へ入りやすいように工夫をした捕獲機に入ってくれて20日振りに無事保護となり、大切な家族との再会が叶いました。

無事保護直後のサン君

迷子猫のサン君の気持ちとは

環境が変わったから落ち着かなくて、一人でいたかったから飛び出してしまったけど、外はいろんな音や臭いで怖くて、なかなか動けなかったのだと思います。

近くに隠れて雨水だけ飲み、10日目にしてやっと動き出したけれど、一瞬でまた隠れ家に戻り、それから7日後にやっと現れるくらい警戒心が強いサン君でした。

20日間ほぼ食べていないので体重もかなり減っていました。

幸せなお家でぐっすりのサン君です🐈

まとめ

サン君を助けることが出来て本当に良かったです。

大切な家族との再会のためにお力になれた事、心の底から嬉しいです。

ペット探偵ペットヘルプを詳しく知りたい方や、迷子ペットや迷子猫を探している飼い主さんに、私たちのや活動している様子が伝わったら嬉しいです。

私たちが捜索したら何もない状況より、必ずプラスになります。

なぜなら

今までの経験やノウハウ、知識を活かして全力で捜していくことで見つける自信があるからです。

もし、ペット探偵に依頼を考えている方は、ブログ、SNS、ホームページ、クチコミ、直接電話してみて、いろいろな視点で(他社と比較してから)考えてみてください。

大切な家族の一員です。

命がかかっています。

私たちは大切な家族との再会のためにお力になれます。

そして、困っている人にこんな熱いペット探偵がいると教えてあげてください。

一人で苦しまず素直になって頼ってください。

少しでもイイね‼と思ったらシェア拡散お願いします!!

最後まで読んで頂きありがとうございました。😸

SNS情報

Twitter&Instagramフォローよろしくお願いします!!

【LINEの無料サービス】オープンチャット

青文字をタップして参加‼「イブキ@ペットヘルプファミリー

普段の活動の様子やお知らせなどを主に投稿してます。

お気軽にご参加どうぞ🥰

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

迷子のペットを探すプロのペット探偵。(有限会社ペットヘルプ)1997年設立。信頼と実績のある豊富な経験から迷子犬・迷子猫・迷子鳥など、大切なご家族をお捜しします。相談やお問い合わせは「090-3409-0737」まで、お気軽にご連絡ください。

コメント

コメントする

目次