【ペットロス】命の終わりとどう向き合うか【ペット探偵】

こんにちはペット探偵ペットヘルプのイブキです。

創業23年、総依頼数500件超↗

今回は、【ペットロス】について執筆していきます。

読者さんへの前置きメッセージ

本記事では

「愛するペットを亡くしてなかなか立ち直れない、前へ進めない、どうしていいか分からないよ」

という飼い主さんに向けて書いています。

この記事を読むことで

「ペットロスとどう向き合っていくか、どのように考えて前へ進んで行くか」

までをイメージできるようになると思います。

愛していた人、愛していたペット、大切な家族を亡くした実際の私の経験から、どのように向き合って前へ進んで来たかを感謝の気持ちを込めつつ、記事を執筆します。

目次

結論

この子は私に何をくれたのか

この子から何を学んだのかを考えて

私にとって返してあげられるものは何かなと

悲しみに囚われるだけではなく

生きている間に残してくれたもの

教えてくれたもの

与えてくれたものを胸に刻んでこの子の分まで生きていく。

このように考えていくとプラスに前へ進めます。

感謝の気持ちを忘れずに

胸に刻み共に生きていく

私はこのように考えて一つ一つ乗り越えてきました。

命には必ず終わりがあります。

実際に経験したこと

愛犬の死

私が生まれ時から甲斐犬がいました。

私の1歳年上でいつもそばにいるのが当たり前の存在でした。

日本犬の特徴で忠実心が強く家族にはとても懐いていて、他人には自分の家族を守るかのように吠えて威嚇していました。

賢くて運動神経もよく、ケガも病気にもならない丈夫な犬でした。

ですが、その時は突然やってきました。15歳と寿命で亡くなりました。

最初は動かなくなっているのをみて信じることが出来ず、死を受け入れることが出来ませんでした。

悲しくておもわず家族みんなで泣いてしまいました。あの時の悲しい気持ちは一生忘れることはありません。

この経験から「悲しんでいるだけではなく、どうしたら前を向いて進めるかを考えました

たしかに辛くて悲しい、簡単に言葉だけでは表せないような感情にもなります。

今でも、一緒に生きていた時の思い出、楽しかったこと、大変だったこと、教えてくれたもの、たくさんのことを胸に刻み共に生きています。なので私の心の中でずっと生き続けています。

まとめ

ペットを飼うことは覚悟も必要ですが、必ずあなたをプラスにしてくれます。

一緒に前へ進んで行きましょう。

少しでも参考になれたら嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

迷子のペットを探すプロのペット探偵。ペット探偵歴23年の経験から迷子犬・迷子猫・迷子鳥など大切なご家族をお捜しします。迷子ペットの無料相談受付中です。

コメント

コメントする

目次
閉じる