広島県で迷子猫ももた君を無事保護へ【ペット探偵】

こんにちはペット探偵ペットヘルプのイブキです。

創業24年、総依頼数500件超⤴︎

今回は迷子猫の捜索、【ももた】くんについて執筆していきます。

本記事を読むことで

迷子猫の捜索をどのようにしていって、無事保護出来たかがわかります。 ペット探偵ペットヘルプのリアルをより深く、わかりやすく写真や動画付きで解説していきます。

どんな人に向けてか

迷子ペットや迷子猫を探している飼い主さん、ペット探偵ペットヘルプについて詳しく知りたい方向けです。

順番に解説していきます。

目次

結論

2021年7月8日に自宅窓から脱走し迷子猫に。8月11日に無事保護出来ました。

ももた君の迷子猫の期間は34日間。

無事保護後のももた君です😸

ももた君を無事に保護出来て本当に良かったです。大切な家族と再会が叶ってとても嬉しいです😸

飼い主さんからクチコミを頂きました。ありがとうございます😸

詳しくはグーグルで『ペット探偵ペットヘルプ』と検索でその他のクチコミをみれますฅ^•ω•^ฅ

迷子猫になった理由

ももた君が部屋にいるときに、網戸越しに野良猫がいて、その野良猫に何か気に入らなかったのか、すごい勢いで追いかけていき、その勢いで部屋の網戸を押し倒してしまいそのまま野良猫を追いかけて、行方不明になってしまいました。

そのときの現場がこちら↓

飼い主さんによると?

飼い主さん

ももた君はすごい勢いで追いかけていったから飼い主の方がビックリの状況だったそうです。

周囲の環境とは

海沿いで高低差があるような環境でした。

家と家の間も高低差があるため隠れられるところがたくさんありました。

海が近く、山に囲まれた所で自然がとても豊かです。

ももた君はこの白い線の中で遊んでいることが実際に捜索したことでわかりました。

どのように捜索していったか

初めに時間をかけて細かくヒアリングをして行きます。

なぜなら・・・

迷子ペットの状況を詳しく把握する事で、今までの経験から最適な方法で捜すことができるためです。

闇雲に捜すのではなく、より詳しく把握する事で効率よく捜索が出来るので発見率も全然変わってきます。

例えば

迷子になってしまった原因についてなど

迷子になってしまった原因によって近くにいるのか、遠くなのか、その子の目的は何なのか?原因によって捜索の仕方が変わってきます。

今回のももた君の迷子になったときの状況は、野良猫を追いかけてということです。その勢いで追いかけてケンカになったことだと思います。

このケンカにより、勝てばももた君はその場から離れなくて済むし、もし負けてしまうと、その子のテリトリー外まで追い出されてしまい家に帰れなくなってしまいます。

ヒアリングを基に迷子になった周りを徹底的に捜して状況把握してから、最大限に効果を発揮できるように仕掛けをして行きます。

例えば、カメラなど。

設置したカメラは24時間監視してくれるので、人間が通らないような真夜中でも撮影されるため、一つの【目】として設置していきます。

隠れている可能性がある所にはカメラを設置し、全てわかるようにしていきます。

これは、猫を保護する上で大切なことです。 ↓

ももた君が無事にお家へ帰れる手段、選択肢が一つでも多いい方がいいです。

①捕獲機に入ってもらい無事に保護する事

②ももた君が入れるスペース「玄関」を開けて置く事

③ももた君が出た場所の窓を少し開けておいて自分で入れるようにする事

④探していて見つけたときに直接手で保護する事

白丸は実際にももた君が出た場所です。

飼い主さんは、私たちが捜索するまでに何度か家の近くでももた君を見れています。

玄関にはカメラを一台仕掛けていたそうです。

これは、カメラを設置したことででわかった、ももた君が玄関の置きエサを食べた時間のグラフです。

19時~朝5時の間に行動していることが、カメラを設置したことによりわかってきました。

また、発見した場所の一つは側溝の中、そして、使われていない倉庫の中でした。

側溝や隠れられる場所がたくさんあります。

使われていない倉庫を確認すると、外から入れるスペースがあり猫には絶好の隠れ家になっていました。

飼い主さんはこの倉庫にももた君がいることがわかり、挟み撃ちのように捕まえようとしたが逃げられてしまったそうです。

この時点で、ももた君が近くにいるという事は、追いかけた野良猫に勝ったということになります。

そのため、ももた君をどのように保護するか?

という段階です。

ももた君が無事にお家に帰れる選択肢は多いいほうがいいので、ごはんで慣れさせ、お家の中に入ってもらいドアを閉めるという方法です。

家の中にはごはんとおしっこの砂で道を作るようにして、飼い主さんが紐でドアを閉めて無事に保護となりました。

迷子猫のももた君の気持ちとは

なぜ、追いかけたかと言えば、はっきりとした答えではないですが、「気に食わなかった、自分のテリトリーに入った、挑発された、」この辺りがももた君の気持ちだと思います。

結果的にケンカに勝ち、そのまま外で遊んで楽しんでいた所もあると思います。

無事に保護した後のももた君です。

まとめ

ももた君を無事に保護出来て本当に良かったです。

大切な家族との再会のためにお力になれた事、心の底から嬉しいです。

ペット探偵ペットヘルプを詳しく知りたい方や、迷子ペットや迷子猫を探している飼い主さんに、私たちのや活動している様子が伝わったら嬉しいです。

私たちが捜索したら何もない状況より、必ずプラスになります。

なぜなら

今までの経験やノウハウ、知識を活かして全力で捜していくことで見つける自信があるからです。

もし、ペット探偵に依頼を考えている方は、ブログ、SNS、ホームページ、クチコミ、直接電話してみて、いろいろな視点で(他社と比較してから)考えてみてください。

私たちは大切な家族との再会のためにお力になれます。

そして、困っている人にこんな熱いペット探偵がいると教えてあげてください。

一人で苦しまず素直になって頼ってください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。😸

SNS情報

Twitter&Instagramフォローよろしくお願いします!!

【LINEの無料サービス】オープンチャット

青文字をタップして参加‼「イブキ@ペットヘルプファミリー

普段の活動の様子やお知らせなどを主に投稿してます。

お気軽にご参加どうぞ🥰

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

迷子のペットを探すプロのペット探偵。ペット探偵歴23年の経験から迷子犬・迷子猫・迷子鳥など大切なご家族をお捜しします。迷子ペットの無料相談受付中です。

コメント

コメントする

目次
閉じる